株式会社アクセライズ

会社案内ダイバーシティ推進室

ダイバーシティ推進室

全社員が自分らしく輝く組織へ

男女雇用機会均等法から30年後の、2016年4月女性活躍推進法が施行されました。さらに、政府は2020年に女性管理職比率30%の目標を掲げ、それにむけて様々な企業の中で各種制度の整備や組織改革が進行しています。
アクセライズでは2004年の設立当初より、性別や年齢に捉われない採用活動や制度運用を実施しています。社員一人ひとりが様々なライフイベントを喜びながら、キャリアを充実できる職場環境を模索し続けてきた結果、業界を圧倒的にリードする女性活用実績を残しています。
そして、今後さらにこの流れを加速させるべく、2017年2月には「ダイバーシティ推進室」を発足。多様な人財が活躍し、なおかつ多様な視点を持った企業という点において、これからも業界のリーディングカンパニーでありたいと願っています。

充実のキャリアパスで、産休・育休からの復職率100%(2016年実績)

充実のキャリアパスで、産休・育休からの復職率100%個人の属性ではなく、社員の能力や成長意欲を重視する当社では、CRA職やMR職はもちろん、マネジメント職で活躍する女性社員が多数おります。2017年に女性の役員と事業部長がそれぞれ誕生しており、管理職登用にあたっての男女の差は全くありません。

働き方に様々な選択肢を用意し、望むキャリアイメージを実現できる体制づくりには常にアンテナを張っています。アクセライズ社内で勤務したい、という社員の要望を実現するために受託型のCRO事業の新規スタートに成功しました。こうした企業努力により、産休・育休を取得した女性社員の復職率は2016年実績で、「100%」を誇ります。

また、女性のみならずアクセライズの仲間には、キャリアだけでなく人生のハッピーも手に入れてほしい。
たとえば、「メンター制度」は月に1回を目安に面談の時間を設けており、業務についてはもちろん、キャリアプランや転職の相談など、その時に悩んでいることがあればどんなことでも一緒に考えます。
さらに、なんとアクセライズには、定年制度がありません。70歳を超える現役社員も大活躍中です。
現在は職種の壁を越えた、ウーマンネットワークを作り、現実の声をもとに、より充実した制度を企画しています。

関連情報

ページトップへ